忍者ブログ
お絵描き、お出かけに関する日記およびイベントの連絡など
[276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266
Posted by - 2017.05.23,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by K,Kanehira - 2012.07.20,Fri
トルファン一日観光、続きです。

DSC00579.jpg



















↓つづきからどうぞ。
 

トルファン名物火焔山。
岩肌が炎のように見えることからそう呼ばれているそうです。
ビュースポットは何か所もあって、観光地化されている場所もあるのですが、こちらは人っ子一人いないぽつんとした場所でした。
写真だとスケール感が伝わりづらいかもしれませんが、結構高い山です。
DSC00554.jpg


















見渡す限りの平原。雄大な景色を独り占めできたような気分で最高でした。
DSC00559.jpg


















次の目的地、吐峪溝へと向かう途中、突然大勢の人波とすれ違いました。
近くのモスクで金曜礼拝をやっていたらしく、ちょうど終わって村の人たちが出てきたタイミングだったようです。
このあたりまで来ると住んでいる方々はみなウイグル族で、漢族は観光客位しか見かけません。
DSC00579.jpg


















吐峪溝の入口付近。昔の祠でしょうか?雰囲気あります。
DSC00592.jpg


















村のモスク。
DSC00596.jpg


















村の周囲には緑が広がっています。
DSC00610.jpg


















日差しは強いですが、木陰は爽やかです。
湿気のない地域はこういう暑さのしのぎようがあって良いですね。
DSC00606.jpg


























この村は非常に古いシルクロードの雰囲気を今に伝えているとの事で、村全体が観光地になっているのですが、確かに中世の趣を感じます。

DSC00613.jpg


























こういった街並みを歩ける日がやってこようとは思わなかった。感激です。

DSC00619.jpg



























展望台から村を一望。緑は村の周囲をわずかに覆っているだけという事がわかります。
荒野の緑はとても貴重なのだそうです。
DSC00633.jpg



























DSC00644.jpg



















蘇公塔。清代に築かれたモスクです。ミナレットの形が独特です。
DSC00655.jpg


















DSC00658.jpg



























トルファン市内。
DSC00689.jpg


















交通量も多くにぎやかな街でした。時間があれば散策したかったのですが、日帰り弾丸ツアーのため断念しました。残念…
DSC00709.jpg


















途中、地元の農家に立ち寄り、名産の干しブドウを購入したのですが、その際お宅の一部を写真に撮らせていただきました。
こちらはブドウを陰干しするための倉庫。
煉瓦をうまく組み合わせて風通し良く作られています。
雨の無い地域ならではの構造ですね。
DSC00791.jpg



























雨のない地域という事で、夜は外で寝た方が気持ちいいんだそうです。
というわけで、屋上にベッドがあります。
けっこうどこの民家でもこうなっていて、満点の星空のもとで寝るんだそうです。素敵だなぁ…
DSC00796.jpg



























干しブドウ量り売り。
DSC00799.jpg


















軒先が非常に広々としています。
DSC00802.jpg



















玄関からのアプローチ。
DSC00820.jpg



























玄関。
DSC00821.jpg



























観光はここで一通り済んだので、早めの夕食を取るべく街の食堂へ。
緑のカーテンが実に涼しげなこちらのレストランを選びました。

DSC00830.jpg


















シンプルな牛肉面。
パクチーがほんのり効いた塩味で大変美味でした。今まで食べた牛肉面の中ではベストだったかも。
DSC00829.jpg


















トルファンからウルムチに戻ります。
再び200キロの旅です。
DSC00836.jpg


















風車群が夕焼けに映えます。
DSC00846.jpg


















風車が延々と続いている様は実に壮観です。
DSC00849.jpg


















ウルムチ市内。現地時間ではちょうど夜ご飯時だったので夜市が沢山出ていました。
DSC00862.jpg



ガイドさんに専用車で回ってもらって所要時間14時間。かなり詰め込んだ一日観光でした。
ハイウェイのおかげでギリギリ一日で行けはするのですが、ウルムチ発なら一泊二日で行くくらいがちょうど良いんじゃない?という事でした。時間がないのが悔しいところです。
さて、次の日には早朝の飛行機でさらに西方のカシュガルへと向かいます。
今回の旅の一番の目的地、非常にエキゾチックな街だということで胸が躍ります。

ウイグル旅行レポート、続きます。



 
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[01/18 K,Kanehira]
[01/16 ゴマ団子]
[10/27 nl]
[10/22 K,Kanehira]
[10/21 faust]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K,Kanehira
性別:
男性
自己紹介:
趣味でイラスト描いてます。近代建築や生活美の感じられる街並み、つちのこをこよなく愛しています。デザインフェスタやコミティア等のイベントに出展したりもします。

お問い合わせなどありましたら
k_kanehira_fi★ybb.ne.jp
までお気軽にどうぞ。
(アドレス変更しました。★を@に入れ替えてご利用ください)

なお、当方会社所属のデザイナーのため、背景製作等のお仕事は基本的にお受けしておりません。(時間的にとても出来ません…)どうぞご了承ください。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]