忍者ブログ
お絵描き、お出かけに関する日記およびイベントの連絡など
[1] [2] [3] [4] [5] [6
Posted by - 2017.08.24,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by K,Kanehira - 2010.03.27,Sat
久々に描いてみました。
前の記事で紹介した銭湯やトラスは、実はこの絵のための資料に使っていたものだったりします。
(どこに何がはまっているのか、探してもらえると楽しいかも・・?・)

まずは線画から。
senga.jpg


























ついでに、汚いですが描き出しの大ラフもご紹介。
↓これだと結構大きく見えますが、5センチ四方くらいの紙の切れ端に殴り描いてます。。
rafu00.jpg


























他にも何枚かこのような構図を考えて、その中でえになるかな?と思ったのがこちら。
rafu02.jpg


























で、イメージがまとまったら、ある程度密なラフを起こしていくのですが、ここからが結構悩みどころです。
特に主役の銭湯は、いろんな写真を参考にしながら描いています。
rafu04.jpg



























で、これを清書すると一番上の線画になります。
・・・ちなみにいつもだと、この中間にさらにラフを一枚挟んで、配置やデザインの詰めを行うのですが、今回時間の短縮のため、一気にここから清書してみました。
・・・結果、いつも以上に考えながらの作業になってしまったため、余計に時間がかかってしまったような気がします(笑)。
(並べてみていただくと、右側の建物とか、かなり変わっているのが分かるかと思います)
やはり急がば回れ、のようです。。

色をつけたものは、もう少ししたらアップしますので、今しばらくお待ちのほどを・・・

それでは。
PR
Posted by K,Kanehira - 2010.02.16,Tue
思いついたので描いてみました。久しぶりの小物シリーズ(?)です。
今回は飲み物を二種類考えてみました。。

nomimono.jpg

























↑クリックで大きくなります。

左のは題してオトナノノミモノ。要するにお酒なのですが、たとえグラスに注いでも、かき回しても、うんと少なくなるまでは綺麗な色のグラデーションが崩れることがないという不思議なお酒です。しかも色によって微妙に味も異なるという逸品。実に幻想的な、大人のための飲み物となっております。

右のは題してつちのこ魂。こちらも名前からお酒のように思われそうですが、実はお子様向けのノンアルコールドリンク。天然つちのこエキスと甘味のあるハーブを何種類もブレンドした、クセになる味の飲み物になっております。頭のキャップを外しても普通に開きますが、顔部分をつまむと口が開く作りになっており、そのあたりも人気の理由になっているようです。

・・・味としてはオトナノノミモノのほうが気になりますが、つちのこの方もぜひ実物を手にしてみたいものです。

Posted by K,Kanehira - 2010.01.04,Mon
少し遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

先日線画までアップしていました、万年花の街ですが、ようやく完成しました。

setsuB.jpg

























完全な夜というのはほとんど初めて描くシチュエーションなので、かなり試行錯誤しています。
あと判りにくいですが、うっすら雪が積もっている気持ちです。

setsuB2.jpg

























ちなみにこちらは年賀状仕様。ちょっと初日の出気分。

というわけで、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by K,Kanehira - 2009.12.13,Sun
こんにちは。最近大分更新が滞りがちです...

さて、先日から試行錯誤していたイラストですが、
R0013263.JPG

























↑こんな感じの縦の絵になりました。
前の記事で描いていたものの、奥にあった花びらの建物側からの眺めになりました。

R0013265.JPG

























今回は途中で構図変更することなく、ラフから清書に進み...

setu.jpg

























このように仕上がりました。
塗る際には夜にするつもりなので、月も描きいれてみました。
年明けまでに完成できれば...と思います。

それでは。。
Posted by K,Kanehira - 2009.12.06,Sun
今、ある企画に参加するべく一枚描いているのですが、これがすんなりまとまらず、かな~り試行錯誤しております。
どういうことかと申しますと、まず最初に、こんなラフを描いてみました。
R0013258.JPG



















今回のキモはまんなかにある花びら(?)っぽい巨大な建物。
これを軸にしようと描き進めて、描き進めていったのですが...
Posted by K,Kanehira - 2009.10.28,Wed
さて、度々ラフやら線画やらを小出しにしていた例のリメイク絵ですが、無事完成しましたので、あらためてご紹介。

syouten01.jpg

























真ん中の建物のつぎはぎ感が今回のお気に入りポイントです。
イメージとしては、中国あたりの古いビル。昔はモダンで立派な建築だったのに、幾度もの増改築を経て使い込まれてゆくうちに、何だか良くわからないカオスな雰囲気になっているという。

ちなみに昨年五月に描いたオリジナルはこんな感じ。
syouten02.jpg

























本格的に仕上げた絵の中では、人を入れて描いた最後の一枚でした。リメイク版と見比べると、真ん中の建物がかなりシンプルです。細かい部分で割りと手を加えていますので、色々と見比べていただいても面白いかと思います。

さて、次はリメイクではなく、多少ひねった新作を描いてみようかと思います。
12月には出来ればいいなぁと思いつつ、現在ラフ作業中。現在まだ構造に迷っております。
さてどうなりますか、しばし完成までお待ちのほどを・・・
Posted by K,Kanehira - 2009.09.10,Thu
もうコミティアで販売したり、Pixivにアップして結構経ちましたが、まだこちらにはアップしていなかったので一応。
神社…なんですが、元は何だったんだろう?という感じです。
tuchi.jpg


























線画。前描いた時計塔~と比べるとかなり楽に描けました。
tuchisen.jpg

























で、この神社、題名の通りつちのこが結構いるらしいので、そのつちのこを描いてみました。
tsuchinoko3.jpg




















基本的に猫くらいの大きさで、色は千差万別ですが、胴体には水玉模様が入っています。でもたまに替わった模様のヤツもいるようです。
基本的に穏やか~な生き物で、草やキノコ、小さな虫なんかを食べるようです。
たまに集団で踊っているとか、空を飛んでいるとか、さまざまな都市伝説が語られているようですが、真偽のほどは不明です。

それでは。
Posted by K,Kanehira - 2009.08.09,Sun
こんにちは。
先に水彩風味としてご紹介した一枚、それなりに仕上ってきました。
こちらともう一枚描きかけのもので、合わせて二枚、コミティア89にて販売の予定です。
(販売するものはもう少し描き足します)
ame.jpg

























雨っぽいけど、とりあえずやんでいる雰囲気。


ところで、なぜ水彩風味なのかといいますと、ある方のブログで、永山祐子さんという水彩画家の個展を紹介されていて、興味をそそられたので用事がてら見に行ったところ、そこで展示されていた欧州の雨の街角を描いた一枚にガッチリ心をつかまれて、その色彩を忘れないようにと、出来るだけ似た雰囲気になるようにと塗ってみたのです・・・
が、どうにもこうにもさっぱり似せられませんでした(涙)。やはり水彩っぽく描きたいならは水彩で描くしかないようです。
(ただ、大分前に絵の具を処分してしまったので、一から買い揃えないとどうにもならなかったり・・・)
Posted by K,Kanehira - 2009.07.28,Tue
についてesakaさんより質問を頂きましたので、実際に作業中のものでどうやっているかを紹介してみます。
ご興味のある方はおつきあいのほどを。

私が線画を仕上げる時は、いつも紙をラフの上に重ねてそれをトレースしています。画材は全工程0.3ミリのシャーペンで、トレース台はつかいません。

具体的には、まず、ラフな状態でごりごりと描き出したもの(ここまでは紙一枚に一発で描きます)、それをスキャナでPCに取り込み、Photoshopのレベル補正で線を濃ゆ~くしたのち、プリンターで出力しなおします。
すると下のように、シャーペンで描いた線でもかなりくっきりとします。

コピー機でうんと濃くコピーをとっても良いのですが、私の場合方眼紙を使用しているので、それだと方眼まで濃ゆ~くなってしまうので、多少面倒ですがこんな方法をとっています。

そうするとこんな感じにはっきりくっきりします。
P1120548.JPG




















で、そのコピーの上に、同じサイズの紙を小さくカットしたセロテープ二つで、ずれないように留めます。
すると、うっすらと下にラフ画がうかんでいるのが見えるでしょうか?
(実際はこれよりくっきり見えます)
P1120549.JPG




















で、その下地を頼りに、さらに緻密にディテールを追加、整理して描きこんでゆきます。
それでも見えづらいときは、紙をめくってラフを確認しながら進めます。
P1120551.JPG




















・・・と、こんな感じでいつもクリーンアップをしております。

ちなみに、ラフ画まではわりとすんなりと描けるのですが、このクリーンアップが一番地味で大変な作業で、いつもかなりだら~んとしながら進めてたりします。今回も・・・かなりかかりそうです。

それでは。
Posted by K,Kanehira - 2009.07.13,Mon
PixivフェスタVol.2、土日ともに参加し、無事終えることが出来ました。
ご覧頂きました方、星やコメントなどして頂いた方、ファイルを手にとって見ていただいた方、皆様ありがとうございました!
Pixivフェスタは今回初参加だったのですが、予想以上に人出が多く、開場は常時かなりの混雑でした。終了後の打ち上げも含めて、かなり多くの方とお話できて楽しかったので、また次回があれば参加するかもしれないです。

というわけで、イベントも終わったので展示作品をアップします。
実は新作、というわけではなく、以前時計塔と千の柱の街とほぼ同時に描いてあった、関西コミティアのうら表紙用の作品だったりします。
なので先の時計塔~と対になる作品として、同じ場所のアングル、時間違いで描いております。
A-oosakablog.jpg


























sengatokeiyou.jpg

























↑こちらは線画。クリックで大きくなります。

さて、次回のイベント出展は夏のコミティアになります。
次回作ですが、時計塔~や送電塔~で人工物は散々描いたので、今度は自然物にでも挑戦してみようかと思います。乞うご期待。。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[01/18 K,Kanehira]
[01/16 ゴマ団子]
[10/27 nl]
[10/22 K,Kanehira]
[10/21 faust]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K,Kanehira
性別:
男性
自己紹介:
趣味でイラスト描いてます。近代建築や生活美の感じられる街並み、つちのこをこよなく愛しています。デザインフェスタやコミティア等のイベントに出展したりもします。

お問い合わせなどありましたら
k_kanehira_fi★ybb.ne.jp
までお気軽にどうぞ。
(アドレス変更しました。★を@に入れ替えてご利用ください)

なお、当方会社所属のデザイナーのため、背景製作等のお仕事は基本的にお受けしておりません。(時間的にとても出来ません…)どうぞご了承ください。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]