忍者ブログ
お絵描き、お出かけに関する日記およびイベントの連絡など
[256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247] [246
Posted by - 2017.07.27,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by K,Kanehira - 2011.07.28,Thu
町の中心からはかなり離れるのですが、フェリーが近くまで出ているということで行ってみました。
イスタンブールのアジア側、ほぼ黒海沿岸に位置するアナドルカヴァウという小さな街の小高い山の上にある、中世の城砦跡です。

R0022604.jpg



























港からのぼること20分ほどで山の頂へ。
・・・見晴らしの良い砦、ということはその分登ってゆくのが大変だということで、汗だくになりつつ到着。


この角度からだと二つしか塔が見えませんが、もともとはどのような形だったんでしょうか?

R0022626.jpg




















壁の向こうに抜けられそう、ということで、反対側からも覗こうとしたのですが、なぜか係員の人に他の観光客もろとも締め出されてしまいました。
原因はまったく不明です(笑)
R0022615.jpg



























仕方が無いのでこちら側から景色を眺めることにします。
R0022618.jpg




















この向こうには黒海が広がっています。
R0022620.jpg



























砦というだけあって石組みがさすがに分厚いです。
R0022642.jpg




























アナドルカヴァヴの次は、少し街側に戻って、ルメリヒサールという別の城砦を訪れました。
こちらは1453年のコンスタンティノープル攻略の際に用いられたオスマン帝国の城砦で、修復され公園として整備されています。
R0022709.jpg




















入り口で警備員から荷物のチェックを受けました。
テロを警戒してか、イスタンブールの観光地はあらゆる場所で荷物のチェックが厳しかったです。
R0022717.jpg



























中に入りました。大きいです。そしてすごい斜面に建っています。
R0022733.jpg




















R0022745.jpg



























R0022746.jpg



























すこしだけ中が覗ける場所がありました。
R0022724.jpg



























内側には野外シアターがありました。こんな場所でコンサートや劇を鑑賞したら最高でしょうねー。
R0022748.jpg



























パッと見た感じ、登れる一番高いところまで行ったつもりだったのですが、もっと上まで行けたのかも・・・
ただ、手すりも何もついてないので半端なく怖いです。眺めは最高ですが。
R0022738.jpg





















ボスポラス海峡の、割と幅の狭いあたりに位置します。対岸にも砦があって、両岸からにらみを利かせていたようです。
R0022755.jpg




















R0022766.jpg



























大砲。プレートを見たら割と新しい時代のものみたいでした。
R0022772.jpg




















塔の内側。アーチを積み重ねて高さを作っているんですね。シンプルです。
R0022783.jpg





























さらにつづきます。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[01/18 K,Kanehira]
[01/16 ゴマ団子]
[10/27 nl]
[10/22 K,Kanehira]
[10/21 faust]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K,Kanehira
性別:
男性
自己紹介:
趣味でイラスト描いてます。近代建築や生活美の感じられる街並み、つちのこをこよなく愛しています。デザインフェスタやコミティア等のイベントに出展したりもします。

お問い合わせなどありましたら
k_kanehira_fi★ybb.ne.jp
までお気軽にどうぞ。
(アドレス変更しました。★を@に入れ替えてご利用ください)

なお、当方会社所属のデザイナーのため、背景製作等のお仕事は基本的にお受けしておりません。(時間的にとても出来ません…)どうぞご了承ください。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]